« 雑誌の日 少年時代の想いで | トップページ | ベッキーちゃんはしっかりもの? »

2009年3月 5日 (木)

松山ケンイチ ジョージ秋山の泥臭い世界

3月5日は俳優、松山ケンイチの誕生日です。
松山ケンイチというと現在、ドラマで「銭ゲバ」で主役を演じているようです。
「銭ゲバ」の原作はジョージ秋山のコミックなんですが、ジョージ秋山は子供の頃読んでいたコミック雑誌では常連の売れっ子作家でした。
しかし、子供の頃はジョージ秋山の世界は重く、泥臭く、ちょっと敬遠していた覚えがあり、周りでもあまり人気はなかったようでした。
「銭ゲバ」は「銭のためなら何でもするズラ」だし、作品「アシュラ」では人肉を食べるはなしだったり、「デロリンマン」では交通自殺で二目と見られない姿になった男が元の家族にも虐げられながらも愛を訴え続けるというような内容で、極限状態におかれた人間の本性を描くというようなものが多かったと記憶しています。
一方、青年誌に連載されていた「はぐれ雲」などになると、世知辛い世の中における人情と雲のように生きる主人公の身軽さが、なんだか気持ちを楽にしてくれるようで一時期ハマって全巻そろえたりしましたね。
むかしは重く、泥臭く感じられたジョージ秋山世界も最近の世情にはピッタリするのかも知れません。

|

« 雑誌の日 少年時代の想いで | トップページ | ベッキーちゃんはしっかりもの? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152224/28479471

この記事へのトラックバック一覧です: 松山ケンイチ ジョージ秋山の泥臭い世界:

« 雑誌の日 少年時代の想いで | トップページ | ベッキーちゃんはしっかりもの? »