スポーツ

2009年1月11日 (日)

浜口京子とアニマル

1月11日は女子レスリングの浜口京子の誕生日なんですが、父親ゆずりの闘争心とアスリート特有の爽やかな笑顔がいいですね。
テレビなどでも父娘一緒に出演するのが当たり前のようになっていますが、むかしプロレスを良く観ていたので、京子がまだ子供でレスリングを始めた頃から親父のアニマル浜口にはっぱをかけられていたのを思い出して子供の成長は早いなあと思いました。
アニマル浜口というとやはり新日本プロレス時代のファイトがレスラーとしては一番輝いていました。
長州力率いる維新軍の切り込み隊長として、参謀役のマサ斉藤とともに維新軍を支えていましたね。
大体3対3とか4対4とかのタッグマッチで前半は暴れ回るけど最後はフォールされるといった役回りでしたが、あの小柄な体格でヘビー級レスラーに混じって互角の戦いを演じ、小回りの効くスピーディーな動きで相手を翻弄し「気合だ~!燃えろ~!」と自分にカツをいれる熱血漢ぶりでファンの記憶に残るファイトを展開していたのだから大したものです。
名脇役としてプロレス史に名を残すことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)