恋愛

2009年1月19日 (月)

松任谷由実とけだるい休日のおわり

1月19日は松任谷由実さんの誕生日なんですが、この人は私が中学生くらいのときからずっと一線で活躍していて今でも根強い人気を持っているのだから、そのキャリアの長さと年齢は推して知るべしですね。
実は結婚する前の荒井由実さんのころのファンで「ひこうき雲」とか「ベルベットイースター」、「ルージュの伝言」タイトルは思い出せないんですが「ちいさい頃は神様がいて~、いつでも夢をかなえてくれた~」という歌いだしの曲が特にお気に入りでよく聴いていました。
まだ夢見がちな少女の面影をのこす儚さや70年代らしい素朴な音造りも好きでしたね。
80年頃?代に松任谷正隆さんと結婚して姓が変ってからは音楽シーン全体の傾向なんですが、割りときらびやかな音造りになり、ナイーブな少女らしさは影をひそめどっしりとした大人の女性の恋愛感の垣間見えるポップスを演るようになり、徐徐に聴かなくなっていきました。
まあユーミンのファンにとっては些細なことかもしれませんが、私には大きな変化に思えたわけです。
その後全く興味を失ったかというとそうでもなく、日曜日の午後などクルマでドライブしていると夕方頃FMから松任谷さんの番組が流れ休日の終わりのちょっとやるせないような淋しいような時間帯にユーミンのおしゃべりが聞けてなんか安堵感を感じながら帰路に着くことができたのが良かったですね。
その番組では主にユーミンが女性からの恋愛相談にアドバイスをしてあげるというような内容で、結構重い内容のものもあったんですが落ち着きのある口調で親身に相談に答えており人間的にも好感の持てる内容でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)